~リルアンジュの屋根付き商店街~   
 

 

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

 

 
Salut!


今日はあたしのBLOGタイトルでもあるPASSAGE(パッサージュ)をめぐる1日。
パッサージュってのは、ガラス屋根に覆われている商店街のようなもの。
3時間くらいで数箇所のパッサージュを歩けるようなので、お茶しながらゆっくりとみてまわろう!という事になった。
まずは朝食から。


11P49.jpg



予定していたブーランジュリーが定休日だったようで、、お腹もすいちゃったので、スタバに入った。
フランスのスタバはどんなかなぁ~って市場調査も兼ねてね。
あたしはパンオショコラ、Chacoさんはクロワッサン。この品揃えはフランスならではだね!
フランスのご当地タンブラーを買おうかと思ったけど、なんかイマイチだったのでパス。
あのデザインはどうなのー!?改善してくれたら次は買うかもっ。
お腹を満たし、モンマルトル村をプチトランでぐるーっと周り見学したら、ルーヴル方面へGO。
メトロのルーヴルで降りると自然の流れでダヴィンチ・コードでお馴染みのこの場所へたどり着きます。



11P50.jpg



この界隈はお買物好きさんにはぴったり。
あたしも自分用や友達へのプレゼントにと、紅茶やクリームを買いました。
マリアージュフレールには日本語話せるイケメンのフランス人もいるので、安心だよ。
買物をして、それから目的のパッサージュへ。

ギャルリー・ヴェロ・ロダ
パッサージュ・グランセール
ギャルリー・ヴィヴィエンヌ
パッサージュ・デ・パノラマ
パッサージュ・ジェフロア

こんな順序で歩きました。



11P51.jpg



床が美しいでしょ。ギャルリー・ヴェロ・ロダです。
19世紀の物なんだって。
初パッサージュだから期待をしすぎてしまい、思ったよりも短くお店も少なく、開店しているお店が少なく、あっと言う間に終了してしまった事に少しがっかり。
50Mくらいしか無かったんじゃないかなー。


今後への不安を感じながら、次のパッサージュを目指して歩いていると、テンション一気にMAXになるお店にたどり着いた。
あたしにとっては聖地といってもいいかも!?
ドログリーのパリ店です。
こんなに普通に路面にあるのかぁ、、、


               11P52.jpg



中はお客さんでいっぱい。
日本人じゃなくて、地元っ子のようだったかな。
置いてあるボタンやパーツ、リボンなどはいつも言ってる舞浜店と変わらないけど、お店は広いし、やっぱり安い。日本の三分の一くらいのプライスでした。
ちょっと高額なボタンやバーツを買って帰ろうかと思ったけど、すごく並んでて…断念。
毛糸コーナーボタンコーナーなど、部門ごとに担当者がいて、そこに列が出来てて、ひとつひとつ注文していく方式。
次行く時は時間に余裕を持っていかないとダメね。
テンション上がったまま次のパッサージュへ。



11P53.jpg



門がいいね~。
…でも門だけかも。
お店自体はこれまたイマイッポ。
もしかしたらパッサージュ自体がそういう流れなのかもしれないって思い始めた頃。


入り口にあったお花やさんで何を買おうか仲良く選んでいた老夫婦。
やっぱ絵になるね。


               11P54.jpg



パッサージュを見つけるためにマップを見ながら歩いて感じたんだけど。。
パリの道は、迷ったとしても壁を見あげればルート名を書いた看板が付いてるので、今自分がどこにいるかはわかりやすい。でもね、パリ独特の道の構造、三角州みたいになってるところだったり、ぐるりと回るようになってるところ(凱旋門とか)だったり、地図と現実をあわせるのがちょっと難しいなって感じたりもするんだよね。
理屈っぽいかな、わかるかな、この感じ。
交差点になれちゃってるからなのかなー。
話がそれ気味になったけど、本ではね、「簡単に散歩できますよ~」って書いてあるけど、実際は超簡単♪というわけにはいきませんヨというのを言いたかったんです。ブツブツ
迷子になっても楽しませてくれたのがこの「あいうえお作文」。
こういうの和む。


11P56.jpg



11P55.jpg



               11P57.jpg



パッサージュ・ジェフロア
最後に行ったパッサージュだったんだけど、いっちばん見ごたえあって面白かった。
ミニチュアお人形などがあり、その世界が好きな人は垂涎ものです。
あたしはサラリと見たけど、Chacoさんったら…フフフ。


食い気に走ったあたしは、おもちゃやさん(パン・デピス)の前にあったカフェ(?)で休憩。
後で行くから休憩してて、と言われたので、遠慮なく一人で店に入り、ディスプレイされてたキッシュを指差し、中で食べますとジェスチャー。
何でも来いサ。
一人でキッシュとカフェクレームで休憩し、旅本で復習とかしてまったりおやつタイム。


11P59.jpg



注文してから出てくるまでしばらく時間がかかったんだよね。
きっとオーブンで温めてくれたに違いない!
サーモンとほうれん草のキッシュでした(フィリングもわからず注文してたし)。
キッシュがあまりに美味しかったので、日本に帰ってからもキッシュを作りたいな~熱が続いてます。
我が家の場合、キッシュ作っても“豪華な玉子焼き”って言われちゃうけどね。



もっともっとパッサージュは盛り上がると思っていたけど、ひっそりとした感じというのが印象。
過大な期待をしていくと痛い目にあうかも。
つまんなかったって事ではなくて、実物はこうかーという事。
でもね、歩いていると思わぬ楽しいお店に出会ったりもして、良い物が見られたり買えたりもしちゃうから嫌いじゃありません。
結構歩くから、休憩は必須でね。


最終日の夕食はモノプリでパテやマリネ、そしてシャンパンのミニボトルを買った。
シャンパンは大好きなヴーヴクリコ。
やっぱこれも安いね。あの値段なら月イチで飲めるのになぁ…。
明日は帰国だから早く寝ようね。と話してたのに、お部屋でのおしゃべりは続く続く。


オマケ

11P58.jpg


こういうフランス人っぽいアルファベットや数字を書きたいと思って参考に撮った。
やっぱり「1」の書き方、面白い。


machu


 

 

 

Comment

 

Secret?


 

 

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2017 Passage rire aux anges*, all rights reserved.
まとめ

masumi

  • Author:masumi
  • ☆家族☆
    夫 and 娘
    犬 リュクサンブール
      犬種:フレンチブルドッグ
      誕生日:2007.9.27
      毛色:クリーム


    ★好きなこと★
    アクセサリー作り
    編み物
    お菓子作り 
    布小物作り
     
    カフェめぐり
    フレンチアンティーク
    古道具 
    スポーツ観戦

このブログをリンクに追加する

この人とブロともになる

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。