~リルアンジュの屋根付き商店街~   
 

 

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

 

 
Salut!


パリを歩いていると、「○○へ行こう」と目指さなくても観光名所が近くにあったり遠くに見えてたりする。
エッフェル塔もその一つで、過去に一度もエッフェル塔の足元へ行った事が無かった。
“けっこうキレイだよ。眺めも良いし。”との事で目指すはトロカデロ駅。



11P35.jpg


トロカデロ広場はエッフェル塔のフォトスポットでもあり、写真を撮ってる人がいっぱい。
よく女性ファッション誌なんかもココ使ってるけど、かなり早朝に撮ってるんだろうね。
あっでもあまり早いと外が暗いかぁ。そんじゃ、いつやってるんだ??
エッフェル塔は、賛否あったとどの本みても書いてあるけど、今では完全にパリの象徴。
グッズでも何でもこの絵さえあればパリって感じになるもんね。



せっかく足元まで来たので、一番上まで昇ろうと思っていたんだけど、予想をはるかに上回る混雑。
考えが甘かったー。やっぱり午前中の早い時間に来なきゃダメね。
階段で途中まで昇る?
いやいや、やめとこう。二人とも無言になっちゃいそう。



気持ちを切り替え、今度は水路で移動です。
セーヌ川をバトビュスクルーズ。


11P37.jpg


バトビュスも実は初めて。
エッフェル塔→オルセー美術館→サンジュルマン・デ・プレ→ノートルダム
→植物園→市庁舎→ルーヴル美術館→シャンゼリゼ→エッフェル塔
といった感じでぐるぐると回ってる水上バスです。
もしかしたらまた乗るかも?と1日券を買い、乗り込みました。


天気も良いし、ボーっと眺めていればパリの素敵な風景。
地図見て場所を把握しながらってのも良いけど、何となく眺めてっていう開放の時間にするのもオススメ。
リュクサンブール公園の次に好きなノートルダムは今回は水上バスから眺めてました。
んーやっぱり素敵な建物♪


ぐるりと一周してから行き先を考えようって話してたんだけど、途中で気が変わり、市庁舎で降りた。
市庁舎あたりは2日目にマレ地区のヴィラージュ・サンポールというブロカントのお店が集まっている所へ行くために来たんだっけ。もっといっぱいお店が入ってるかなって想像していたんだけど、案外少なめ。
少ないからがっかり…ってわけじゃなく、数少ない店舗の中にすごく好みの一軒ありました。
もう見てるだけで楽しかった。
大きいものは持ち帰れないから、小さなタグを購入。またハンドメイドに利用する予定です。
話が前後しちゃったけど、市庁舎で降りた私達はお腹を満たすためにお店に入りました。


               11P42.jpg



カフェ ルイフィリップと読むのかな。
パリの人はテラスで食べるのが本当に好きなんだなーって思う。
上着着て、前をびゅんびゅん車が走っていてもやっぱりテラス席は人気。
また似合うしねー。
私達はテラス席をGETできず、中庭のような場所で食事する事になりました。


メニュを持ってきてもらって、笑っちゃうくらいぜ~んぜんわかんない。
Chacoさんは一生懸命メニュみて考えてたけど、あたしはすぐに降参。
ウェイターさんに“セイム プレート”と言い、お隣さんが食べていた物をお願いしました。
何を食べてるのか、いくらなのかもわからずにね。
で、持ってきてくれたのがこちらです。



11P41.jpg



美味しそうでしょ。かなりのボリュームは笑ってしまったけど。
お肉をいつも選ばないあたしにしては珍しい選択だったけど、旅だもん冒険もアリだよね。
横についてるきのこ、ジロール(あんず茸)なのかな?美味しかった。
お隣さんは、このプレートに赤ワインを気持ちよく飲んでたけど、ワイン飲むと歩くの億劫になりそうだったのあたしはパス。
Chacoさんは“サーモンのお料理にした”って言ってたけど、予想していたお料理じゃなかったみたい。
お味はいけてましたよ。


食事中、日本人の女子ふたりが近くに座った。
メニュが読めないだとか、クロックムッシュが食べたいだとか相談してたのが聞こえてきた。
そのうち、“すみませんーん、日本の方ですよね?それは何ていうお料理でどうやって頼んだんですか?”と質問された。
前記のとおり、隣の人と同じものってお願いしたんですよーって説明してあげたら、結局その子も私と同じものを注文したみたい。
“セイム プレート”ってね。つながるセイムプレートのリレー。ふふふ。


食事の後は、カルナヴァレ博物館、人形博物館へ。Chacoさんセレクトの場所。
お人形はけっこうな迫力で夜はとても一人で歩けそうにないです。
かわいいんだけど、いっぱいありすぎて~。


11P45.jpg


道を歩いてるとこういう音楽演奏者をよくみかけた。
メトロの中でも。
東京で同じことしたらどうなるだろうねーって話したけど、文化が違うんだから比べる方が間違ってるのかな。
メトロで移動中に聞くアコーディオン、あたしは好きです。
本当は演奏後のチップ(?)を渡したいんだけど、勇気がなくって渡せなかった。


11P43.jpg


フレブルを見つけ思わずカメラを手にとってパチリ。
急ぎ移動しようとしてたけど、あたしの様子見て立ち止まってくれてたよーとChacoさんが言ってた。
そのイケメン兄さん、“この子はデイジーって言うんだ、可愛いだろ?”ってなフランス語をあたしに語りかけてきた。もう一匹の名前も言ってたけど、ごめん兄さん忘れちゃったヨ。
あー携帯の待ちうけにしてるリュクの写真見せてあたしも話せば良かったな、って今でもちょっと後悔。



パリではこうして犬を連れてる人をちょこちょこ見かけた。
公園内だとノーリードの人も多い。
メトロにも乗る(かすけ君もしかり)らしいし、ちょっとしたお店なら普通に一緒に入ってた。
周りの人も“犬入ってるし”なんて顔しないし、犬もマナー守ってお利口さん。
しっかりしつけてるからこそ、なんだろうね。


そんなこんなで夕方になり、再度あたしたちはバトビュス移動。
“もしかしたらエッフェル塔少し空いたかもよ”な~んて思って、再度船上の人となりました。



11P48.jpg



あまーーーーーーい。
考えがあまーーーーーーい。


空いてるどころか、人が増えたかも!?
ライトアップされたエッフェル塔を眺め、エッフェル塔アクセ売りのお兄ちゃんたちを横目にこの日は帰路につきました。
そうそうあまくないね、ぷぷぷ。


machu  

 

 

Comment

 

Secret?


 

 

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2017 Passage rire aux anges*, all rights reserved.
まとめ

masumi

  • Author:masumi
  • ☆家族☆
    夫 and 娘
    犬 リュクサンブール
      犬種:フレンチブルドッグ
      誕生日:2007.9.27
      毛色:クリーム


    ★好きなこと★
    アクセサリー作り
    編み物
    お菓子作り 
    布小物作り
     
    カフェめぐり
    フレンチアンティーク
    古道具 
    スポーツ観戦

このブログをリンクに追加する

この人とブロともになる

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。