~リルアンジュの屋根付き商店街~   
 

 

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

 

 
Salut!


昨晩は数時間の間に大きな悲しみ・恐怖と大きな喜びを感じた。
不安を感じてしまうかもしれないけど、結果的には“あぁ、良かった。”という事になったので大丈夫です。


bo.gif

実家の老犬モニカが行方不明になってしまってました。
行方不明になったのは、木曜日の夕方。あたしがその事実を知ったのが金曜日の夜でした。
用事があり、まっすぐ帰路につかず出かけていたのですが、帰宅前にメールをチェックして知ったのです。


「木曜日夕方からモニカが行方不明です。
もう会えないのでしょうか。
昨晩は雨も降っていました。
雨の中ひとりでいるのでしょうか。
ずっと探しているけど見つかりません。」


こんな内容を突然見て、何が何だかわからず頭の中がぐちゃぐちゃになった。


トボトボとしか歩けないモニカが遠くへ行くわけないのに
怖がりで家の周り以外は行かないモニカがどうして行方不明に
雨の中あんな細い子が生きていられるだろうか
死んでしまってるならせめて体を見つけてあげたい
どうして今日になってメールしてきたんだろう


急いで帰宅して、荷物を置き、すぐに実家へかけつけた。20時近くだったかな。
実家近くに車を置き、走って家へ向かっていると、テクテクテクテク…と小さな犬とおじさん・おばさんがこちらへ向かってくる。
“あぁ、モニちゃんくらいの大きさだなぁ。モニを見つなきゃ”なんて考えたのもつかの間、
その小さな犬はモニカで、おじさんとおばさんは両親だった。


「今ね、引き取りに行ってきたの。」と。
保険所・警察署・近隣病院へ迷子の届出をしておいたら、夜になって派出所から電話があったそうだ。
両親の振り返りと近所の方の声・預かってくれていた方の声から考えると、

夕方、モニカはいつものように庭でプラプラ散歩(と言ってもトボトボ歩く程度でノーリード)
郵便の配達(書留)が来る。 →このとき門扉があけっぱなしになっていた!
郵便の人、受領印をとり、帰る。 →門扉をしめる。

…この数分で出てしまったんだね。
もちろん、郵便局員さんは悪くありません。飼い主の不注意です。…


郵便局員さんが帰った後しばらくして、モニカを家に入れようとしたら居ないので気が付く。
近所を探しつつ、犬の散歩帰りの人などに尋ねたりする。


モ:住宅街を出て道路を渡り、少し遠い大きな公園まで歩く。この距離500mくらい。 →公園で目撃者2名
モ:一度住宅街に戻り、大通りを渡り、自動車教習所まで歩く。この距離500mくらい。
→教習所近辺で高校生の男の子に保護される。


高校生は別の市に住んでいて、連れて帰れないと判断し、教習所近くの友達の家へ行き一晩預かってもらうように依頼してくれたんだそうだ。
とりあえず一晩ならって事でOKをもらい、木曜日の夜はそこでモニカは過ごした。
金曜日、高校生が友達の家へモニカを引き取りに行き、派出所へ届け出てくれた。



これが全容のようです。
両親と弟は探す事はもちろんの事、迷子ポスターを、スーパーやホームセンターに貼ってもらい、保健所や警察・病院に連絡を取り、思いつく出来る事はすべてしていたようです。
モニカは老犬で痴呆も出てきているから、もう我が家を我が家と認識できなくなってしまってます。
帰って来た時もテクテクテクと家の前を通り過ぎて行ってたし。
昔は自分チ、きちんと分かっていたもんね。
今はどういう気持ちかわからないけど、ただただ歩いて行ったんだろうね。
ドブ川に落ちたりしなかったし、大通りで車に轢かれる事も無かったし、心優しく責任感のある人に保護されて本当に幸運としかいいようがありません。
モニカは6月で18歳。
あたしにとっても人生の半分はモニと過ごしているわけで、こんなサヨナラってありなのかなって心が痛んでしかたなかった。
モニを溺愛している母を思うと、それも胸が痛んでいた。
だから、テクテクと歩いてくるモニを見たときのあの想いは言葉で表現できるものではない。


反省点はいくつもあります。
庭内だけだからって、門扉しめてるからって、そんなに歩けないからって油断した事。
郵便の人が門扉開けっ放しだ!というのを意識しなかった事。
家にしかいないから迷子札をしていなかった事。
いつも大丈夫だから、、、そこから何かが起こってしまうんだね。
痴呆の犬じゃなくてもリードや迷子札は必要不可欠だね。
我が家(リュク)は迷子札をつけて無く、地震後慌ててカラーに連絡先を書いただけなので、迷子札を早く作らなきゃって思いました。
守れるのは自分たちしかいない。
けど、もしも…の時にもうひとつチャンスがあるとしたらそれは迷子札しかないものね。
今回の事は反省がたくさんなんだけど、人の優しさに感謝です。


長文、読んでくださってありがとう。


machu




 

 

 

Comment

 

ドキドキしながら読みました。。。
兎に角、モニちゃんが見つかってよかった。

「いつもと変わらない日常」でも
「いつ何が起こるかわからない」ということを再認識させられました。危機管理対策、我が家も強化です。

心優しい人・・大人ではなく高校生だったということに感動すら覚えました。きっと素敵な大人になってくれることでしょう!!


NAME:のの | 2011.05.29(日) 00:20 | URL | [Edit]

 

machuさんは勿論だけど、ご両親がどんなにお喜びに
なった事か!ホントに心ある人に巡り合えたモニちゃんは
やはり強い運を持ってるんですね☆☆
それに引き換え、パリの友人のヨーキー・エリちゃんは
友人がお客様を送って外に出ている隙に脱走!
手を尽くしたけど見つかりませんでした。
13才とは思えない元気な子だったのに・・・
あれから1年経ちます。。。

NAME:チンヤプン | 2011.05.29(日) 04:52 | URL | [Edit]

 

♪ののサマ

高校生でもこんなに誠意をもって、尽くしてくれる子がいるんだなって、感謝の気持ちでいっぱいです。
老犬でトイレも上手に出来なくなってるのに預かってくれた高校生友人宅にも同じように感謝です。

気をつけている時以外の方が実はモロイって、改めて思いました。


♪チンヤプンさま

ご友人の方のお気持ちを思うと、とても辛いです。
何か不思議な縁でまた再会できるといいな、と。

両親は、この強運な奇跡を本当に喜んでいました。
自分の家がどこかもわからなくなったモニカですが、いつも寝ているベッドでスヤスヤと眠っている様子をみて、それだけで十分だねって話しました。

NAME:machu | 2011.05.29(日) 14:17 | URL | [Edit]

 

Secret?


 

 

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2017 Passage rire aux anges*, all rights reserved.
まとめ

masumi

  • Author:masumi
  • ☆家族☆
    夫 and 娘
    犬 リュクサンブール
      犬種:フレンチブルドッグ
      誕生日:2007.9.27
      毛色:クリーム


    ★好きなこと★
    アクセサリー作り
    編み物
    お菓子作り 
    布小物作り
     
    カフェめぐり
    フレンチアンティーク
    古道具 
    スポーツ観戦

このブログをリンクに追加する

この人とブロともになる

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。