~リルアンジュの屋根付き商店街~   
 

 

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

 

 
や~っと幕を下ろす決心をしました。



結婚してからの事
家を建てるまで・部屋づくりの事
リュクサンブールを迎えてからの日々
旅行に行ったあの土地この土地
思いつくと作っていた手芸の事
食べ物の事
ルーさん授かってから育て育たれている日々の事

たくさん綴ってきたなぁ
こんなに続いてたのね
全く面識無かったのにblogを通して出会えたお友達に感謝したいし
昔なじみの友達が子育て・仕事の合間に
「masumi元気してるかな?」とのぞいてくれてるのにも感謝したい


続けたい気持ちも無きにしも非ずなのだけど
限られた時間の中で優先順位つけていったら
今の私にはblogはずっとずっと後ろの順位でした
pc開いちゃうと、あれこれしちゃって、あっという間に1時間2時間経ってしまうから。。
それだったらHDDにたまっているドラマや映画を見たいし買い物にも行きたい
作りたいと思っている物に取り掛かりたい
主婦として家事もしなきゃね
とか言いつつ休みの日はリュクと一緒に昼寝でもしたい
この夏はオリンピックだって見なきゃ
とにかく今は手放せる事は手放していってる最中です


今までどうもありがとうございました
続きはインスタでお会いしましょ♪
近況はコチラ→https://instagram.com/lux_et_ruk/


masumi
 
スポンサーサイト

 

 

 

 

これから数年かけて身に着けたい事

→美味しい珈琲・紅茶の入れ方


数年かけて整えたい事

→くつろげて、少し近所の目線感じなくて良い庭づくり



簡単な焼き菓子や、ちょっとお腹を満たせるおむすびやバゲットサンドなど研究して
のんびりとおしゃべりできる空間を
自分と、近しい人達が集まれる空間を
持ちたいなぁ



お店じゃないよ
あたし、商人にはなれない性格だと思うから。
そこに向かうための情報あったらぜひ!!


近況はコチラ→https://instagram.com/lux_et_ruk/


masumi

 

 

 

 

 

この物語は2歳になり自我と言うものが芽生え始め、衝動的に湧き上がるダークサイドの心の葛藤と戦いながら成長していく幼児の記録である。



子供の頃見ていた大映ドラマのナレーションに当てはめるとこんなイメージ。
そう、感の良い人ならもうピーンと来たね!
ルーちゃん、イヤイヤ期でございます。
特に入浴時。
全て自分でしたいのです、彼女は。
シャンプーの泡も自分で出したいし、頭を洗うのも自分でしたい。
洗い流すタイミングも自分で決めたい。
トリートメントも自分で出したい(→やらせたら、ポテトサラダにマヨ混ぜるくらいもりっもり出してた。トホホ。アハハ。)。
ちょっとでもお手伝いをすると、いつものおとなしさはどこへやら…そこらにある物ひっくり返して怒り、床に突っ伏して泣く。



仕方ないもんな~って思って、そのまま静観してるの。
静観というか、泣いてる脇で湯船に浸かってる私。
それも実のところ、しんどいけど。
大人だって、しんどいの。
でも、怒って泣いてる人にそれを上回るパワーで説明できないし。
5分くらいすると、気持ち切り替えてくるから、待ちと言う名の放置。



ここ3日くらい、シャンプーも体洗いも適当だけど、平気だよね?
って思いたい。
気持ち落ち着いてから、一応、軽めの説明をして、仲直りのハグ。
ワンパターンですが、日課になりつつある。



そんな時、リュク坊はすごいよ~。
まだ少しグズってるルーちゃんをペロペロ。
そのハートの強さったら。
慰めてるのかな?それとも叱咤激励かな?
わっかりませんが。

近況はコチラ→https://instagram.com/lux_et_ruk/


masumi 
テーマ * 働くママの育児日記 ジャンル * 育児

 

 

 

 
ここんとこ目にする事で気にもなってる事が
「猫ブーム」と「オリンピック代表選考」、そして「保育園落ちた…」の話。
どれも全くジャンルが違うのだけど、自分の中でモヤモヤしちゃう共通点があって、
キック(ブームの火付け役)は誰で何のためなんだろうなー
選ばれない人が納得できない仕組みなんだよなー
光と影だよなー
って、感じてる。

ブームが終わったらどうなるのかなんて、今までたくさんの悪しき事例で分かってるはずなのに、
やっぱりやめられないのね。
カワイイよ、そりゃぁカワイイ猫が並んでる。
でもどんな状態で産まれ、育ち、そこにいるのかまで追求してるだろうか。
って事を口やかましく言うと、めんどくさいおかしな人になるので他人さまには言いませんが。
内心そう思ってる。
今は鳥やウサギも里親っていう選択肢があるんだってね。
知らなかった。
知識を得れば考え変わる事もあるんだから、もっと動物番組でも頑張って欲しい!!!


オリンピックはね、気持ちよく応援したいのに、過去の残念な経験が全くいかされない仕組み。
選手生命や生活かけて頑張ってるのに、納得いかない条件で選ばれなかったら…かける言葉ないよね。
保育園も、同じような条件でも通る人と通らない人や通える保育園が異なったりしてる。
ウチはありがたいことに第4希望の園に入園する事ができた(ちなみに希望は5つまで記入OK)。
入れたこと自体に感謝だったけど、ある時、子育て支援センター(☆☆保育園内)で2度くらいしか会った事しかない人に
「保育園行くんですか?どこですか?うちは☆☆保育園に決まったです。慣れてるから良かった。」と言われ、
そこ(☆☆保育園)あたしの第1希望だったわーってちょっと思ったもんね。
よく知りもしない人に話しても仕方ないし、周りには入れなかった人もいるかもしれないから
「あっそうなんですか。。。。。」とお茶を濁し、トイレに行きたいふりをして逃げるという古典的テクで回避。
嬉しい話はさ、家庭内やごく親しい人と共有して喜べばいいよね。
お隣の市は待機児童ゼロになった!らしいけど、入園の際は第10希望まで書くらしいから。。。
遠くでも通ってねって事もあるのかも。
審査基準がわからないから、もやっとする。
そして、公務員家庭や医療従事者家庭は優遇されるという巷の噂。
そりゃそうでしょって気もするし、んー???とも思うし。
そういう風に言われてるけど、入れなくて、嫌な思いしてる人もいるかもしれない。
入れても「あのうちは優遇されてるもんね…」って思われてるのを負担に思ってるかもしれない。
堂々としてたいのに、スパンと気持ちよく割り切れないってのが現実です。

保育園増やすと言っても建設する場所の条件って厳しいんだって聞いた事がある。
子供たちの声って、騒音なんだと。
自分がその環境下になければ、毎日毎日ギャーギャーと騒音って思うかもしれないよね。
そして送り迎えの車の多さ。中にはルール無視の人も出てくるし…。
周りに民家少なく、でも、送り迎えしやすく、安全な場所探そうってすると、、、、どこ?
万人に納得がいくって難しいわ。



もやもや話ばかりだったので、口角が上がるような和みphotoでーす
リュク坊、アネモネを愛でる

20160308.jpg


近況はコチラ→https://instagram.com/lux_et_ruk/
去年の今頃は頑張って立つけども、風に吹かれるとよろけていたルーちゃんも、その場ジャンプ(数センチ?笑)が出来るまでに。
リュク坊は、、、お風呂前のルーちゃんのお尻が今は大好物♡
追っかけまわしてペロリ→きゃっきゃ喜ぶ(機嫌により号泣)、そんな二人です。


masumi 

 

 

 

 
9月27日、リュクちゃん無事に8歳迎えました~。
好物のりんごとサツマイモたっぷり食べて、新しいRED(おもちゃ)をプレゼントしてもらい8歳のイラストをもらい
いつもと変わらないけど、ちょっとだけハレの日だったね。
それくらいでいいよね、ウチは。



ルーちゃん、流行性結膜炎になって保育園行けずの日々。
目はお岩さんだけど、元気はあるので、色々とリュクと蜜月で遊んでるみたい。



1510c.jpg



この日はお隣のぷうた(女の子)とリュクが遊んでるのを一緒に参加してる(風)。
犬も猫も動物大好きだけど、やっぱりリュクと遊ぶのとは勝手が違うようで、多少行動が消極的になるのね。
ちょっと距離を置いて見てるだけー。
☆お気に入りのリュックを背負い、外に出る時は帽子を被りたがる。天気関係なく長靴をはきたがる。そんな1歳9か月。







1510.jpg



何を話てるんだろうなぁ。
リュクの数少ないフレンドですからね、大切にしないとね。









1510b.jpg


はしゃぎっぷりがすごくてついていけなかったー。
ぷうちゃんは長い紐がついてるので、柵越しに追っかけっこを楽しむんだよね。
ぷうちゃんにだけは身構えずいつものボクでいられるんだもんね。




+++

先月末、スーパームーンが美しかった頃、実家でまたひとつありがとうの奇跡が起こった。
老犬モニちゃんの失踪と救出からの帰還というのもすごかったが、今回のローサの発見もその次に幸運かも。
猫のローサ(女の子)は家猫だけど、時々脱出して近所を散歩してくる、そんな猫。
爪は定期的に切ってる(たぶん、あたしやルーちゃんが遊びに行くからかな?)ので、外で喧嘩なんかするとコテンパにやられ、見るのも嫌なくらいの傷を負ってきた事も…。
母は「怪我は可哀相だけど、ノラが怪我したら誰も病院連れて行ってくれないから…。」っていうような人。
その日もちょっとの隙を狙いすまし脱出。まぁいつものように少し散歩でもしたら戻ってくるかと思ったら帰って来ず。
翌日も全く帰って来ない。
家の周り、町内など探したらしいけど居ない。
丸二日経過してから事実を知らされ、保健所にも問い合わせして万が一の事も覚悟し始めていた。
そんなに帰って来なかった事なんて無かったから、怪我して動けなくなっているうちに死んでしまったのではって思い始めてた。
口には出来なかったけど。
何事も無かったように戻ってくるといいね、なんて気休めを言うしか出来ない。
その日の夜22時くらいかな、電話が鳴った。
諦めの気持ちで電話に出ると、お母さんの声が弾んでる。
「いたのー。いたのよ。今夜はスーパーお月さまだから、ダメもとで近所を歩きながらローサ・ローサって大声で呼んだらニャオーンって返事したの。○○さん家の屋根の上にいたの。」
実家から2軒お隣のお家(新築平屋)の屋根に居たらしい。
追っかけっこ(追いかけられて逃げたのかな?)して降りられなくなっちゃったんだろうね。
梯子かけさせてもらって救出成功したんだって。
怪我もなく元気に命持ち帰ってくれました。
元々ローサがウチにきたのも、子猫の時に車道で横たわっていてその上をバンバン車が走っていて、“子猫がひかれてる”って思った母が端に寄せようと近寄ったら、生きてましたっていう出会いだったんだよね。
なんというか、生きてるだけで丸儲けそのものの子だわ。
本当良かったね。諦めたらダメだわ。
お月さまありがとう。
たまには上も見ないとね。


近況はコチラ→https://instagram.com/lux_et_ruk/

masumi 

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2017 Passage rire aux anges*, all rights reserved.
まとめ

masumi

  • Author:masumi
  • ☆家族☆
    夫 and 娘
    犬 リュクサンブール
      犬種:フレンチブルドッグ
      誕生日:2007.9.27
      毛色:クリーム


    ★好きなこと★
    アクセサリー作り
    編み物
    お菓子作り 
    布小物作り
     
    カフェめぐり
    フレンチアンティーク
    古道具 
    スポーツ観戦

このブログをリンクに追加する

この人とブロともになる

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。